雲みたいなキミ

2015年2月13日、22歳の息子が亡くなりました。

2015年2月13日、22歳の息子を亡くしました。
死因はOD、孤独死でした。
見つかったのが誕生日の次の日の22日。
2月21日に23歳になる予定でした。
誕生日には亡くなっていて、親として最悪な最期を迎えさせてしまい、毎日自分を責める日々です。

実母との確執。

今日久々に母親から電話があった。


『恥をしのんで言うけどお金を貸してほしい』と。


母親の弟の奥さん(私にとっては叔母)がガンで危ないらしい。


お金の使いみちは香典。


母親は兄夫婦と孫がいる。亡くなった息子と同い年だ。


まぁ、昔から揉め事が多く大人4人で香典のお金がないなんて


自分の身内ながら恥ずかしい。


私は息子が亡くなった時、花の一つ送らなかった母親と兄夫婦を許していない。


その時もお金が無かったからと言い訳していた。


孫が死んだ時は何もせず、叔母にはするんだ。


わけわからない。


私はハッキリ貸さないと言った。


そしたら態度が急変。


こうなったのもお前が悪い!


はぁ?


とにかく私に八つ当たりしてきた。


最後には『貸せばいいんだよ!』と開き直り。


もう一切関わりたくない。


私が息子を亡くしてから電話一本もよこさず、私の辛さ、悲しさなんて理解してない母親。


息子の時に気持ちだけでも何かしてくれたら違ってたのかもしれない。


気分が悪い。


いくら親でも気持ちひとつなんだよね。


人との繋がりは相手を思いやる気持ちだと思う。


息子は私の母親が好きだった。


でも、兄の子供の方が可愛いらしく自分はないがしろにされたと言葉を残している。


私は息子がそう思いながら死んでいった限り、自分の母親でも一生許さないだろう。


何だか一日気分が悪かった。


私は冷たいのかな。