雲のかなたに

2015年2月13日、22歳の息子を亡くしました。
死因はOD、孤独死でした。
見つかったのが誕生日の次の日の22日。
2月21日に23歳になる予定でした。
誕生日には亡くなっていて、親として最悪な最期を迎えさせてしまい、毎日自分を責める日々です。

空っぽ。

何も感じない。


何も楽しくない。


これからどう生きて行こうとかの考えもない。


息子が死んだことさえ無かったかのように思えてくる。


こうして死んだ人を少しずつ忘れていくのだろうか。


毎朝水を供えても意味があるのかわからない。


ふと、息子の写真一枚飾るだけでもいいのではないかとさえ思う。


毎日この時間は寝れない。


私の中身は空っぽだ。


死のうとさえ考えなくなった。


そう、私にはもう考える頭がないらしい。