アスタリスク〜小さな星〜

2015年2月13日、22歳の息子を亡くしました。
死因はOD、孤独死でした。
見つかったのが誕生日の次の日の22日。
2月21日に23歳になる予定でした。
誕生日には亡くなっていて、親として最悪な最期を迎えさせてしまい、毎日自分を責める日々です。

毎日思う事。

大切な方を亡くした遺族の方々は


日々どんな思いで生活しているのだろう、と。


私はと言えば、んー、夜寝る前の時間に息子の事を考えます。


何であんな馬鹿なことしたんだろうとか、


何でもっと早く見つけてあげられなかったのだろうとか、


行きつく先は、私はこんなのうのうと生きてていいのだろうか。です。


働きだして少し忙しくなったせいか、息子の事を考える時間が減ったと思います。


その分、この時間帯が息子との思い出をあーだこーだ思い出しては朝方に…


ここ最近、寝ないで朝を迎えた事多し。


薬も飲んでるのに全く寝れない。


へたに2〜3時間寝ると二度寝してしまう。


気を悪くされた方にはごめんなさい。


私はあと一年しか余命がないと言われたい。


そしたら、遠慮せず次男に会いに行き、ダンナさんにも私がいなくなったあとの事が話せる。


なんか、自分勝手ですね。


そう、私は我儘なんです。


今も我儘してますが、大病をしたら更に我儘になる事でしょう。


自分が辛い目にあったら人に優しくなれるとよく聞きますが、私は同じ経験をした人にしか優しくなれません。


ちっちぇー、自分。


だって、幸せに暮らしている家族を見ると、

不平等だなって感じるから。


ホント、人間出来てない、自分。


自分が嫌い。大嫌い。