雲のかなたに

2015年2月13日、22歳の息子を亡くしました。
死因はOD、孤独死でした。
見つかったのが誕生日の次の日の22日。
2月21日に23歳になる予定でした。
誕生日には亡くなっていて、親として最悪な最期を迎えさせてしまい、毎日自分を責める日々です。

息子。

自分の『自』と『心』と書いて『息子』


そうかぁ。私は息子が亡くなったと同時に


自分の心もなくなってしまったんだなぁ。


ふと思い、そして納得。


昨日、ダンナさんが我儘?を言い私はうんざりしていた。


亡くなった息子は今のダンナさんの子供でもないし、会ったことすらない。


息子を亡くして2年半。


私には長い2年半だが、ダンナさんは違うのだろう。


理解してもらうことはとっくに諦めた。


ただ、今は食欲ないし、体調がイマイチだというのを目の前で見てるのだから少しは指して欲しい。


私はもう以前の私には戻れない。


ダンナさんの前では努力してるけど、やっぱり精神的に疲れてしまう。


他人には『もうすぐ3年』なのかもしれない。


でも私にはいつまで経っても『もう』という言葉はない。


仕事終わりに私より一回り年上の人が『老後は楽しまなくっちゃね!ねっ?』


私は何も答えられなかった。