雲みたいなキミ

2015年2月13日、22歳の息子が亡くなりました。原因はODです。2月21日に23歳の誕生日を迎えようとしてた矢先の孤独死でした。

2015年2月13日、22歳の息子を亡くしました。
死因はOD、孤独死でした。
見つかったのが誕生日の次の日の22日。
2月21日に23歳になる予定でした。
誕生日には亡くなっていて、親として最悪な最期を迎えさせてしまい、毎日自分を責める日々です。

無題。

私は息子が亡くなったのは自分のせいだ!


時には、元カノ、元夫のせいだと言っている。


何を言っているんだ?


私は何様?


誰のせいとかの問題ではない。


自分のせいだと言っている私は思いあがっている。


息子の死は必然だったのだ。


神様、運命だなんて信じない。


息子の死は誰も止められなかった。


なんとなくそう思う。


だからと言って悲しさが薄れていくものではない。


むしろ、時が経つほど悲しさが増してくる。


息子の死に顔を見た時、確かに泣いたが、あれは本物の涙ではない。


ドラマとかでは、泣きわめくシーンがあるけど、実際現実を目の当たりにするとあんなふうにはなれない。


ただ、息子の顔を見て、あー、もう動かないんだね…なんて思ってた気がする。


ダンナさんにミニ仏壇の話をした。


特に何も言わず。


そりゃそうだよね。関係ないもんね。


息子が亡くなった頃はいろいろ話を聞いてくれたりした。


今はない。


そんな時だ。イライラが止まらない。


どうしたらいいんだろう。


私はこれからどうしたらいいんだろう。