雲みたいなキミ

2015年2月13日、22歳の息子が亡くなりました。原因はODです。2月21日に23歳の誕生日を迎えようとしてた矢先の孤独死でした。

2015年2月13日、22歳の息子を亡くしました。
死因はOD、孤独死でした。
見つかったのが誕生日の次の日の22日。
2月21日に23歳になる予定でした。
誕生日には亡くなっていて、親として最悪な最期を迎えさせてしまい、毎日自分を責める日々です。

悲しい。

悲しい。


いや、悲しいを通り越してる。


本当に2月はきつい。


今、私は母親とうまくいっていない。


理由は、息子が亡くなった時にお花ひとつも送らず、息子の死亡保険金の一部をもらったら?と言われたこと。


普通、そんな風に思うか?言うか?


去年、叔母が危ないので見舞金を貸してくれと私に頼んできたのも理由のひとつである。


可愛がってた孫の死とどっちが大切なんだ?と、実母ながら恥ずかしいと思った。


もちろんお金は貸さなかった。


それ以来連絡をとりあっていない。


確かに私は母親に育ててもらった。


感謝しなくてはいけない。


でも、息子の事が絡むと許せない。


叔母がその後どうなったのかわからない。


叔母は3歳ぐらいの女の子を亡くしている。


私はその時小学生低学年ぐらいで、初めて人が亡くなったのを目の当たりにした。


子供ながら、何で鼻に詰め物してるんだろう?と思ったりしてた。


それから叔母はある宗教にハマっていった。


たぶん、あまりの悲しさに何かにすがりたかったのだろう。


私は何かにすがろうとは思わない。


叔母の人生は良いものだったのか。





私は何かにすがろうとは思わない。


絶対にすがらない。


いくら悲しくても辛くてもすがらない。


この悲しみから抜け出したい。


誰か助けてほしい。


助けてくれる人がいるとしたら、


それは息子だけ。


でも息子はいない。






私は救われない、永遠に。