アスタリスク〜小さな星〜

2015年2月13日、22歳の息子を亡くしました。
死因はOD、孤独死でした。
見つかったのが誕生日の次の日の22日。
2月21日に23歳になる予定でした。
誕生日には亡くなっていて、親として最悪な最期を迎えさせてしまい、毎日自分を責める日々です。

一日遅い月命日。

今日は仕事だった。


何だか家に帰りたくなくて寄り道してたら


家に着いたのが23時だった。


で、いろいろしてたら月命日が過ぎてた。


月命日に特別な事をする人もいていいと思う。


私は特に何もしないけど、毎日思ってるからそれでいいかな。


昨日ネットで死後の世界はある?ない?

という記事?を読んでいた。


死んだら天国に行く、現実の世界より幸せになる。という意見はあまりなく、『無』になるんじゃないかという結論。


結局、生きてる人間が自分がこれ以上辛い目に合いたくないために、都合よく、あちらの世界で幸せになってるなどと思い込んでるだけ。

だから、死後の世界はない。


人は死んだら『無』になり、こっちのことなんか思い出さないんだとか。


冷たく悲しい事だけど、私もそう思う。


でも、それでもあちらで幸せに暮らしてると思う人はそれでもいいのではないかという意見もあった。


確かに、そう思うことによって、今の悲しみが少しでもなくなるならいいと思う。


でも、でも、やっぱり私は人は生きていなければダメだと思う。


死んだ人とまた会えるなんて、それは生きてる人間の傲慢。


生きてるから話せる。触れられる。


死んだ人とはもう会えない。


だから、悲しく辛いんだと思う。


人はいつか死ぬ。


順番が違ったので悲しみは深い。


たぶん、私に共感する人はいないだろう。


私には生きる意味がわからない。