雲みたいなキミ

2015年2月13日、22歳の息子が亡くなりました。原因はODです。2月21日に23歳の誕生日を迎えようとしてた矢先の孤独死でした。

2015年2月13日、22歳の息子を亡くしました。
死因はOD、孤独死でした。
見つかったのが誕生日の次の日の22日。
2月21日に23歳になる予定でした。
誕生日には亡くなっていて、親として最悪な最期を迎えさせてしまい、毎日自分を責める日々です。

叶わない夢と私の心。

大人になった息子と買い物したかった。


息子とご飯を食べたかった。


もっと話をしたかった。


もっと抱きしめたかった。


一緒に笑ったり喜んだりしたかった。


息子の好きな事、好きな曲、好きな本、たくさんたくさん聞きたかった。


当たり前の家庭はそれが普通だと思ってる。


イラッとする。


ムカッとくる。


当たり前の日常を奪われてから、人や物を恨む事が多くなった。


もちろん、その気持ちをぶつけたりはしない。


心の中で思うだけ。


思うだけならいいよね。


たまに息子を傷つけた元カノの事もたまに考える。


きっと普通に暮らしていくのだろう。


そのコと会って話してみたい気持ちも少しあるけど、会ったら物凄いことを言いそうで自分が怖い。


だって、そのコがいなかったら息子は死なずにすんだ。


私の心は汚い。


でも、それを悪いと思わない。


だって息子はいなくなってしまったのだから。

死ぬ順番。

死ぬ順番は年老いたものから。


息子が亡くなるまでそう思ってた。


私は違った。


どこで順番を間違えたのだろう。


誰が順番を決めたのだろう。


順番を間違えないで生きている人達が羨ましい。


いや、憎たらしい。

月命日。

久々です。


体調は何とか治りました。


薬のせいでした。


私はお線香の匂いが苦手で毎日あげてないのですが、月命日には必ずあげます。


今のお線香はいろいろな匂いがあるんですね。


あまりきつくないのを購入しました。


今はネットなどで売っているミニ仏壇を購入しようか迷っています。


これぐらいしか気が紛れることがないのです。


楽しい事も嬉しい事も何もない。


このままこうして生きていくんです。


苦しんで悲しんで泣いて生きていくしかないんです。