アスタリスク〜小さな星〜

2015年2月13日、22歳の息子を亡くしました。
死因はOD、孤独死でした。
見つかったのが誕生日の次の日の22日。
2月21日に23歳になる予定でした。
誕生日には亡くなっていて、親として最悪な最期を迎えさせてしまい、毎日自分を責める日々です。

体調がいまいち。

仕事を始めてからの私は少しは社会に復帰した気になっていた。


でも、今考えると色々なことを言われ、辞めざるおえなかった。


そう、私はまだグジグジしているのです。


私の何がいけなかったのかという思いと、こうなったのは自分が悪かったのではないかという思い。


私はもう働けないのかもしれない。


会社を辞めた23日は私の誕生日でした。


誕生日のことは息子が亡くなってから特に気にもしなくなったのですが、その日は散々な日だったなと悔しく思いました。


次の日から昨日まで毎日外に出てうさばらしをしてました。


そしたら体調を崩しました。


眠いのに出かけて、スーパーのフードコートみたいなところで座って顔をテーブルにふせながら寝たりしました。


自分でも何をしてるのか理解不能でした。


ダンナさんは私が毎日出かけてるので元気なんだろうと思ってることでしょう。


今ものすごくだるいです。


息子のいない人生は私にとって無意味です。


落ちていく自分が怖いです。


何かしでかすのではないか。


知り合いに息子の事を話しました。


そしたら『ひとつでもいいから楽しい事をするんだよ。頑張っていきなきゃ。』


と言われました。


あ〜、久しぶりに聞いた。


前向きに生きなくちゃ駄目だよという、子供を亡くしていない人からの言葉。


何もわからない人に言われたくない。


イライラが増します。


息子に会いたい。


何故こんな辛い目に合わなければいけないのでしょうか。


もうこんな人生いらない。